川合と安東

できなくても

できなくても、やっぱりもいいからやってみましょう。できないのは真実ではなく、ただゲンコツが動いていないだけ。
そんなことが多いので、最近ではどうしてもだらだらもいいからゲンコツを移すようにしています。
それが非コストパフォーマンスの時もあります。ただし。しょっちゅう効率的なことは滅多にありません。
それなら、効率的なことはよく考えないで、たまには非コストパフォーマンスなことを選んで見る。
そうして、その非コストパフォーマンスなタスクから効率的なことを導き出して見る。それが今後のタスクに影響するのです。
即時は効率的なことができないかもしれません。但し、効率的なことを追求するには長々やってみるのも大事です。
即時実りを突きつけるばかりではなく、将来のために近頃を置き忘れる核心も大事だと言うことですね。
その決心ができるようになると、まわり道が怖くなくなります。急がば回れですね。
それが分かっていても何となく見込めることではありません。さて、今日もまわり道をとおってみますか。